女性が自主的に行える避妊の手段としてピル服用が完璧といえるでしょう!ピルに対する効果や副作用、ピルの種類など知らない方は意外と多いと思うので、当サイトではピルについて幅広く取り上げて紹介します。

笑顔の女性とサプリ
  • ホーム
  • ピルで避妊したいけど副作用はあるの?

ピルで避妊したいけど副作用はあるの?

ピルは避妊薬として非常に優れているので使いたいと考える女性は多いかと思いますが、やはり薬なので気になるのは副作用ではないでしょうか。
一般的にピルは副作用が少ないとも言われる薬ですが、それでもホルモンが含まれるものなので、服用を始めると体内のホルモンバランスが一時的に変化して副作用が起こるリスクはあります。

まず、ピルの服用で最も多い副作用が頭痛や吐き気・倦怠感といった症状です。
これは先ほどもお伝えした通り一時的にホルモンのバランスが変化するから現れるもので、大抵は服用を続けていけば改善されていきます。
しかし、実際に嘔吐してしまうほどの頭痛や吐き気に襲われた場合には我慢せずに病院を受診してください。

次に副作用として発症する可能性があるのが不正出血です。
これは飲み忘れや相互作用のある薬を服用した場合に一時的にホルモンの血中濃度が低下することで不正出血が起こることがあるようです。
しっかりと飲んでいても不正出血が起こることもあるが、婦人科健診で異常がなければそのまま飲み続けても問題ありません。

昔から言われている副作用は体重増加ですが、そもそもピルによって脂肪量が増えることはないので、ほとんどの場合は体がむくんで太ったように感じているだけです。
反対にニキビなどの肌荒れはホルモンバランスが変化することで治るとの報告がされていて、実際に妊娠を防ぐ目的ではなくニキビの治療でピルを服用する人がいます。

また、ピルを服用すると乳がんのリスクが高まるとの情報を耳にしたことがある人も多いかと思いますが、実際はピルを服用しても乳がんのリスクが高まる心配はほとんどありません。
ただし、以前に乳がんを発症したことがある人や既にかかっている人は再発や悪化の可能性があるので注意が必要です。

最後に静脈血栓症も副作用として発症リスクはあるものの、発症する可能性が極めて低いです。
低用量のピルであればほとんど発症することはありませんが、エストロゲンの量が多いピルの場合にはリスクが高くなるので注意してください。

ピルの副作用で有名な血栓症でも「0.1%未満」

女性が主体的に避妊できるピルは、ホルモンバランスの安定にも繋がり役立つ効果が多いのが特徴です。
しかし、様々な副作用のイメージがあり、避妊を行いたいが使用に不安を抱く人も少なくありません。

ピルを服用すると、ホルモンバランスが一時的に変化するので、体が慣れるまで副作用が生じることが多く見られるのは否定できません。
最もよく見られる副作用は、不正出血と吐き気で、他にも頭痛やニキビの増加があげられます。
ただし、これらの副作用はピルを継続的に飲み続けてホルモンバランスが整うに従い、落ち着いてくるのが一般的です。
体重増加も一時的な場合がほとんどで、食欲増加しない限りは服用前の状態に戻っていきます。

避妊効果があることから、妊娠に影響が出ると考える人もいますが、ピルを飲んでも妊娠しづらい身体になることはありません。
妊娠を希望する場合、服用を中止すれば元の妊娠可能なホルモンバランスに戻り、生まれてくる子どもにも影響はありません。

乳がんや子宮頸がんのリスクが高まるという報告もありますが、乳がんの場合は影響はわずか、またはほとんど関連がないとされています。
子宮頸がんのリスクについては、その原因をピルの副作用、またはコンドームを使用しない性行為による影響の二つに意見が分かれています。
一方、卵巣がんや子宮体がん、大腸がんのリスクを減少させることができることは知られています。

重い副作用のひとつとして知られる静脈血栓症は、正しい飲み方を行っていれば0.1%未満ほどの低い発生率です。
本人の体質や年齢、持病や飲み合わせの薬などの影響がありますが、基本的にそれほど心配する必要はありません。
血栓症のリスクを少しでも減らしたい場合、毎日1錠のペースを維持し、血中濃度を一定に保つためにも継続して飲み続けることをおすすめします。

関連記事