女性が自主的に行える避妊の手段としてピル服用が完璧といえるでしょう!ピルに対する効果や副作用、ピルの種類など知らない方は意外と多いと思うので、当サイトではピルについて幅広く取り上げて紹介します。

笑顔の女性とサプリ
  • ホーム
  • ピルの値段は目的や種類で変わる

ピルの値段は目的や種類で変わる

ピルは処方される目的や種類によって、価格が大きく変わる医薬品です。
ピルといえば避妊目的で服用するというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。
正しく服用すれば、ほぼ100%の確率で妊娠を避ける事ができます。
ただ避妊目的のため処方してもらう場合、健康保険は適用されません。
健康保険が適用となるのは検査をし、何らかの治療が必要と医師が判断した時だけです。
避妊は治療目的で処方するものではないので、保険適用とはならないのです。
自由診療となってしまうので、値段が高いと感じるかもしれません。

通常のピルだけでなく緊急避妊薬のアフターピルも、避妊のために服用する医薬品ですので保険適用外です。
近年、ホルモンバランスの乱れで起こる大人ニキビの治療に、ピルを使うケースも増えてきました。
この場合も治療ではなく美容目的での処方となるので自由診療となります。
ケースによっては健康保険が適用されないピルですが、治療目的であれば健康保険適用内となりリーズナブルな値段で手に入れる事ができます。

健康保険が適用されるケースとしては生理不順や、月経困難症といった治療として処方する場合です。
子宮内膜症の治療にも用いられている医薬品です。
検査をして医師が治療としてピルが必要だと判断した場合は、健康保険が適用されます。
3割負担となれば10割負担となるよりも、かなり費用を抑える事が可能です。
ただ、健康保険適用内だからといって、ほとんど費用がかからないという事はありません。
診察費用や検査料などもプラスされるので、ある程度のお金を持って行く必要があります。

健康保険適用外か適用内か、診察費用や検査料といった他にも、ピルの種類によっても相場は変わってきます。
種類によっては、健康保険が適用されないピルもあるので注意が必要です。
これから服用を考えている女性は、ピルの値段は目的や種類で変わってしまうという事を覚えておいたほうが良いでしょう。

目的別にみる、ピルの価格相場

1ヶ月ワンシートになっているピルの料金は、相場が2000円から3000円程度です。

1日あたりで計算すると1日100円程度の値段です。
しかし、使用する目的によって、この値段は変わってきます。
それでは目的別に値段を見て行きましょう。

まず、避妊目的でピルを服用する際、保険適用外となっています。
診察料、検査料の相場は3000~6000円ほどで、薬代は2000~4000円になります。
避妊目的での服用されるのは低容量ピルが一番多いですが、中用量ピルを使用する人もいます。
通販だと低容量ピルなら1000円程度が相場です。

次に緊急避妊目的での服用についてです。
緊急避妊目的ではアフターピルを主に利用します。
この場合も保険適用外になります。
アフターピルは、病院によってばらつきがあり2000円ですむところもあれば、10000円もかかるところがあります。
何かあったときのため事前に調べておくことをおすすめします。
緊急避妊での診察費用の方も病院によって変動するので調べておきましょう。

ネット通販ならば1000円程度で手に入れることができますが、緊急避妊を目的としたアフターピルは72時間以内の服用が基本であるため、服用時の場合を考慮して購入した方がいいでしょう。
生理に関するピルの服用は保険適用の場合があります。
適用となる症例には、生理痛の緩和や生理不順の治療などに利用される時です。

検査料は3割負担で、相場は3000円前後です。
この料金は初診料と超音波の検査が含まれており、もし腫瘍マーカーという検査を行うならば料金はおおよそ3500円になります。
何れにしても、通販の方が安く手に入りますが、病院の方がより安全かつ確実なので考慮して選択するようにしましょう。

関連記事