女性が自主的に行える避妊の手段としてピル服用が完璧といえるでしょう!ピルに対する効果や副作用、ピルの種類など知らない方は意外と多いと思うので、当サイトではピルについて幅広く取り上げて紹介します。

笑顔の女性とサプリ
  • ホーム
  • 避妊だけではない!ピルの効果はこんなにある

避妊だけではない!ピルの効果はこんなにある

ピルというと避妊をするために使うものというイメージを持っている方が多いでしょう。
しかし、ピルの効果はそれだけではありません。
避妊のほかにも病気の治療などに使われるケースがあります。
完全に治す薬としてというよりも、子宮や卵巣といったところを休ませるという働きを期待するという形です。

生理痛がひどい方、月経の量が多い方は場合によっては子宮内膜症などにかかっていることがあります。
卵巣に異常があるという方もいるでしょう。
いずれにしても貧血などを伴うなど、生活に大きな影響が出ることがあります。
そういった症状が出ている方は生理が来るたびに悪化することもあるので、治療のためにしばらく生理を止めるという事を行う事もあります。
その時にピルを使用するのです。
そうして症状を改善させていきます。
もちろん自己判断ではなく医師の指示のもとに行う必要があります。

また、PMSの症状に悩んでいる方なども生理をお休みする期間をとることによって改善することもありますから、症状がひどい場合にはピルを利用するという事もあるでしょう。

他にもホルモンが影響している病気などの改善につながる可能性もあります。
更年期障害やにきびなどホルモンの影響が強い物にも同じような効果が期待できるでしょう。
急激にホルモンバランスが変化する時期には、それを和らげていくことが必要になるためです。

いずれにしても、ピルを飲めばよいというものではなく状況をきちんと把握して対応していくことが必要になります。
それは個人が行う事は難しいので、医師の判断を受けて行うことになります。
場合によってはピルによる対応ではなく、外科的な手術が必要になるという事もあります。
そこはどのような治療がベストかという事を医師と相談していく必要があるのです。

しかし、ピルを飲んでコントロールしていくことが治療の方法の一つとして有力なものであるという事は言えます。
こうした活用もできるものだという事を頭に入れておきたいものです。

避妊以外の目的でピルを使う方が増加

近年、避妊目的以外でピルを使う女性が急増しています。
生理痛やPMS、子宮内膜症に月経不順といった女性特有の疾患を改善・緩和する効果がピルにはあります。
ピルはエストロゲンとプロゲステロンという、2つの女性ホルモンと同じ作用をするホルモン製剤を、主成分としている薬です。

服用することによって体内の女性ホルモンバランスを、一定にキープします。
PMSは生理前、急激に女性ホルモンバランスの変化が、身体や精神に様々な不快な症状をもたらします。
ピルを補うと急激に女性ホルモンの変化が起こらず、PMSの症状を緩和・改善することが可能です。
生理痛や子宮内膜症はピルが持つ、子宮内膜症を厚くし過ぎないという効果によって改善できます。

月経不順という人の場合、ピルを摂取して卵巣の機能を一旦休ませると、正常な月経周期を取り戻せることがあるようです。
この他にピルは、にきび治療にも処方されるケースが増えました。
にきびができる原因は様々ですが、女性ホルモンバランスの崩れが引き金となる大人にきびの治療に有効です。

ホルモンバランスが崩れてしまうと、皮脂の分泌が過剰になってしまいにきびができやすい肌質になってしまいます。
服用すれば皮脂の分泌をコントロールでき、その結果、大人にきびを改善・緩和できるという仕組みです。
ピルと言えば若い女性が飲む医薬品というイメージがありますが、実は更年期障害の緩和にも効果を発揮します。
女性は年齢を重ねるとエストロゲン・プロゲステロン共に分泌量が減ってしまい、様々な不調を感じやすくなります。

そこでピルを補いホルモンバランスを整えることで、更年期特有の不快な症状を軽減するという治療が有効です。
このようにピルは避妊以外でも、女性の身体を守るために様々な病気・症状の治療として処方されています。

関連記事